最新記事

2014年10月13日 月曜日

二一会ニュース

二一会ニュース
発行人 厚井乃武夫,廣瀬正司,大西敦
◆ 秋の旅行会のご案内
先にご案内したとおり、本年度は、11月8日(土)、9日(日)の1泊2日で秋の旅行会を開催いたします。
宿泊先である山梨県南都留郡河口湖町の「ホテルレジーナ河口湖」は、全室富士山ビュー、温泉・料理がいい魅力満載のリゾートホテルです。
1日目は、30期代~60期代から各2名の論客をパネリストに迎え、執行部山本昌平会員の進行で、「二一会の将来について、大いに語る!~若手会員にとっての会派の活用法も含めて~」と題して、パネルディスカッションを開催いたします。
2日目は、現地ガイドの案内で、富士の麓「青木ヶ原樹海」を散策・体験する「樹海ツアー」をご用意いたしました、この他にも「カートレース体験」と「そば打ち体験」をご選択いただけます。さらに、定番のゴルフは、当会ゴルフ部に「フォレスト鳴沢ゴルフ&カントリー」をご用意いただきました。
当初のご案内では10月12日(日)までのお申し込みをお願いしていたところですが、まだまだお申し込みいただけます。   
ご案内状をファクシミリにて改めてお送りいたしますので、奮ってのご参加をお願いいたします。

◆ 隅田川花火大会鑑賞会のご報告
7月26日(土)、快晴の中、隅田川花火大会が開かれました。
当日は、浅草駅からすでに長蛇の列で、会場に到着するまでに通常の倍以上の時間がかかりました。会場までの道中、開放時間になったらビニールシートを敷こうと、道端でビニールシートを持って待機している方々が多数いらっしゃいました。隅田川花火大会の人気の高さをうかがい知ることができます。
今回の私たちの会場となった野球場も、開会前から多くの人で賑わっておりましたが、席が十分に確保されていましたので、ゆったりと観ることができました。目の前で打ち上がる花火と大きな音の迫力は、テレビとは大違いで圧巻でした。花火を眺めながら優雅な時間を過ごした瞬間は、筆舌に尽くしがたい、素敵な夏の思い出になりました。

◆ 落語鑑賞会のご報告
8月11日(月)、上野鈴本演芸場において、「二一会夏の落語祭り」と題して、落語鑑賞会を開催いたしました。
鈴本演芸場8月の中席(11日~20日)は、稀代の名人である柳家さん喬、柳家権太楼が毎日出演し、交互にトリを取る人気企画で、11日のチケットは発売初日で完売になったほどです。
会場は落語ファンの熱気に包まれ、早い時間帯から柳家喬太郎、柳家三三といった人気落語家が登場、落語の他にも、曲独楽、物まね、漫才といった演目が続きました。
仲入り後は、柳家権太楼の「疝気の虫」で会場は爆笑に包まれ、柳家さん喬の人情噺「お直し」に会場は酔いしれました。

◆ 法曹親和会夏季合宿のご報告
8月23日(土)、24日(日)、箱根湯本の富士屋ホテルにおいて、法曹親和会恒例の夏季合宿が行われました。   
1日目は、二一会研究部による経営判断原則に関する発表から始まり、続けて東京法曹会の定数是正訴訟に関する発表、ならびに親和全期会の隣接士業に関する発表が行われました。
また、夜の懇親会では、抽選で選ばれた出席者が参加したジェスチャー当てクイズなどの会派対抗ゲームが行われ、老若男女を問わず無作為に選ばれた出席者による熱戦に、会場も大いに盛り上がりました。
その後も二次会・三次会と続き、深更まで年代・会派を超えた懇親を深めることができました。
2日目は、法曹大同会による子どもをめぐる家事事件に関する発表、ならびに法曹親和会の全体討議が行われ、法律相談センターに関する諸問題について活発な議論が行われました。
夏季合宿の際に行われたアンケートによれば、各派とも特徴があり、研究もよくなされていたなどの意見が寄せられ、特に、二一会の発表については、直近の判例が個別具体的に紹介されていたとして、好評価をいただくことができました。
今回参加できなかった会員の皆様におかれましては、大変有意義な機会ですので、是非とも来年の夏季合宿にご参加下さい。

◆ プロ野球観戦企画のご報告
8月26日(火)、東京ドームにて、巨人阪神戦観戦企画を行いました。
 当日は、三塁側の席だったのですが、巨人ファンと阪神ファンが入り混じって大変な熱気に包まれていました。
試合は、6回裏の巨人阿部選手のHRで流れが変わり、好投していた阪神メッセンジャー投手が交代した直後の9回裏に巨人ロペス選手のヒットにより逆転勝ちするという劇的な展開となりました。
 参加された先生方は、巨人ファンの方も阪神ファンの方もいらっしゃいましたが、最後まで結果が見えない試合だったため、どちらのファンにとっても楽しい観戦となったようです。
今回、都合により参加できなかった先生もいらっしゃったかと思いますが、またの機会に是非ご参加頂きたく、よろしくお願い致します。

投稿者 東京弁護士会 二一会 | 記事URL